新潟県警 山口真帆さんへの暴行事件や売買春弁護士 米山隆一事件をうやむやにしてきた結果 治安悪化 20歳女性刺され死亡 殺人容疑で男を全国手配 斎藤涼介容疑者(25)

朝も夜もパワー全開!お得なコースで半額!【タクラマカン砂漠人参】

 

冷静に新潟県を見つめる会 主宰 出頭秀紀です。


新潟市議会議員の無駄遣いを公開しています!


日頃、新潟県警が事件をおろそかに扱っている為に

とうとう、痛ましい事件が発生しました。



20歳女性刺され死亡 殺人容疑で男を全国手配 新潟県警
11/16(土) 15:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191116-00000048-jij-soci


15日午後9時ごろ、JR新潟駅近くの新潟市中央区東大通の商業ビルで、「意識がない女性が倒れている」と119番があった。

斎藤涼介容疑者(新潟県警提供)




 女性は刃物で刺されており、病院に搬送されたが、約3時間後に死亡した。

 新潟県警によると、女性は市内に住む飲食店員石沢結月さん(20)。県警は16日、殺人容疑で現場から逃走した住居、職業不詳の斎藤涼介容疑者(25)の逮捕状を取り、全国に指名手配した。

 石沢さんと斎藤容疑者は顔見知りといい、県警は何らかのトラブルがあったとみて調べる。石沢さんは複数箇所を刺され、ビルの階段踊り場で倒れていた。県警は現場から血痕の付着した刃物を押収した。ビルの関係者によると、石沢さんの勤め先の飲食店が2階に入居しているという。

 埼玉県警によると、斎藤容疑者の実家の母親から14日朝、上尾署に「息子が元彼女を傷つけてしまう。本人も自殺をほのめかしている」と連絡があった。同容疑者は神奈川県内にいたとみられ、15日昼前、「息子を連れて帰って来た。落ち着いている」と再び母親から電話があったが、その後、連絡が取れなくなったという。 






事件にならない売買春

売買春 おおたか法律事務所

米山隆一弁護士

新潟県特別痴呆公務員





山口真帆さんへの暴行事件をうやむやにした新潟県警

本部長 花岡和道





就任早々大事件の新潟地検に試練

岩山伸二 検事正

https://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/20191114/1030010200.html

新検事正が着任「強い検察を」
11月14日 19時58分

新潟地方検察庁の検事正に新たに就任した岩山伸二氏が記者会見し、「県民の皆様に信頼される強い検察を実現したい」と抱負を述べました。

今月8日付けで新潟地方検察庁の検事正に就任した岩山氏は、14日着任し、就任会見を行いました。
岩山氏は「職員一丸となって、一つ一つの事件を誠実に基本に忠実に掘り下げ処理していきたい。安心安全を担う機関として、県民の皆様に信頼される強い検察を実現したい」と抱負を述べました。
岩山氏は愛知県出身の56歳。
大阪地検の公判部長や旭川地検の検事正を歴任し、これまでは東京法務局長を務めていました。
岩山氏は現在、新潟地方裁判所で審理が続いている女児殺害事件の裁判について、「小さな女の子が犠牲になったということで、非常に痛ましい事件だと思う。検察としてできること、すべきことをきちんと対応していきたい」と話しました。