アクセス御礼スペシャル♪ 0.1%に賭けて横浜地検特別刑事部(特刑部)と全面戦争w第二東京弁護士会に所属する「石川法律事務所(東京都中央区入船3-10-8 寿ビル3階)」江口大和弁護士(33)

 

新潟から真実を追究し、

非行無法法曹界の改革を求めています。


日本国の法曹界は昨年度以前、法曹タマゴの為に


年間約100億円の血税を摂取しながら


法曹弁護士会の非行を野放し状態にしております。


そんな法曹界の非行件数は「申し立て上」毎年毎年年間70〜80件の


懲戒処分を生んでおりながら


改善に取り組まず、

知らん振りを決め込んでいました。




改善に取り組まない為に

「現在懲戒を受ける弁護士が増加中」


そんな信じられない法曹界・弁護士集団

日弁連」!!

激甚災害時災害地新潟で

司法修習生への給費制を訴えて居た頃の

日弁連のスーパースター

東京なのに宇都宮健児 弁護士




横浜地検特別刑事部

32歳の弁護士が逮捕起訴された事件
https://blog.goo.ne.jp/tenmi_dining/e/d6ad72692c57fe5825ee8c086dc39be5

33歳弁護士を逮捕=死亡事故で虚偽供述唆す-横浜地検

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018101501104&g=soc

第2東京弁護士会 石川法律事務所 江口大和弁護士が

横浜地検特別刑事部と、0.1%の希望に賭けて全面戦争ww


ドラマ99.9%のようにうまくいくのでしょうか(^-^)









https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00000571-san-soci

虚偽の供述させた弁護士 初公判で起訴内容を否認 横浜地裁
8/30(金) 18:41配信 産経新聞
 無免許運転で死亡事故を起こした男に、車の所有者へ捜査が及ばないよう虚偽の供述をさせたとして、犯人隠避教唆の罪に問われた第二東京弁護士会所属の弁護士、江口大和被告(33)の初公判が30日、横浜地裁(田村政喜裁判長)で行われた。江口被告は「私は犯人隠避教唆も共謀もしていない」などと起訴内容を否認し、無罪を主張した。

 事故は平成28年5月12日に発生。横浜市泉区で、無免許運転の男の車が電柱に衝突し、同乗の男性が死亡した。起訴状によると、江口被告は、無免許と知りながら運転させていた車の所有者の男の刑事責任を免れさせるために共謀し、車を運転していた男に対して警察官に嘘を言うよう依頼したとしている。

 検察側は「(江口被告が)運転していた男が勝手に乗用車を持ち出した」とする虚偽の書類を作成し、その内容の通りに警察に話すよう依頼したと指摘。一方で弁護側は、車の所有者と別の同乗者の間で嘘の話が作られていたことを江口被告は知らず、「説明が虚偽だとは認識していなかった」などとした。

最終更新:8/30(金) 18:41
産経新聞