仙台市でお仕事をする、白ブリーフ一丁のモッコリ岡口基一さんのご近所 山形市内で第2東京弁護士会所属 住居不詳 由良知也が邸宅侵入容疑で逮捕 @西村あさひ法律事務所

 

新潟から真実を追究し、非行無法法曹界の改革を求めています。


日本国の法曹界は昨年度以前、法曹タマゴの為に


年間約100億円の血税を摂取しながら


法曹弁護士会の非行を野放し状態にしております。


そんな法曹界の非行件数は「申し立て上」毎年毎年年間70〜80件の


懲戒処分を生んでおりながら


改善に取り組まず、

知らん振りを決め込んでいました。




改善に取り組まない為に

「現在懲戒を受ける弁護士が増加中」


そんな信じられない法曹界・弁護士集団

日弁連」!!

日弁連のスーパースター

東京なのに宇都宮健児弁護士(^-^)





第二東京弁護士会会長 関谷文隆



会長挨拶

http://niben.jp/niben/annai/aisatsu.html

本年4月より、笠井直人前会長の後を引き継ぎ、第二東京弁護士会の会長に就任いたしました。一年間、会の代表としての職務に精励する所存です。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 さて弁護士の社会的使命は、市民の皆さまが幸せな生活を送れるよう、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することにあります。また、公平で公正な社会を実現するために、法の支配を社会の隅々に行き渡らせることも弁護士の大切な使命です。
 当会は、その社会的使命を果たすべく、上部団体である日本弁護士連合会及び在京の東京弁護士会第一東京弁護士会との密接な連携の下、日々活動を続けています。
 当会は、全国4万人の弁護士のなかで、5,770名を超える会員数(外国法事務弁護士・法人を含む)を擁し、このうち女性会員数は約1,200名、登録10年以内の若手弁護士は約2,600名、企業や官公署に勤務する組織内弁護士は約550名という多様な会員により構成されており、身近で頼りがいのある司法の担い手に相応しい会員規模と多様性を兼ね備えています。
 当会は、弁護士の社会的使命を果たすために、6つの主たる事業、すなわち、「人権を守る」「市民サービス」「意見表明」「後進育成」「弁護士の研鑽・支援」「弁護士の指導・監督」を行っておりますが、 市民の皆様には、より身近で頼りがいのある法律サービスを提供できるよう様々なメニューを用意しております。 その一端を、以下にてご紹介申し上げます。


親族間のトラブル? 住居侵入容疑で第二東京弁護士会所属の弁護士を逮捕 山形署
7/15(月) 12:22配信 さくらんぼテレビ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-00010000-sakuranbo-l06


山形市内に住む男性の家の敷地内に正当な理由なく侵入したとして15日、東京の弁護士が逮捕された。

住居侵入の疑いで逮捕されたのは、第二東京弁護士会に所属する弁護士で、住居不詳の由良知也容疑者(36)。警察によると、由良容疑者は14日午後7時すぎ、山形市内の60代男性の住宅の敷地内に正当な理由なく侵入した疑い。

男性からの通報を受け、駆けつけた山形署の署員が由良容疑者に同行を求め、15日朝、逮捕した。男性と由良容疑者の間には、以前から親族間のトラブルがあったという。警察は、侵入した動機などを調べている。

【関連記事】