元弁護士 伊関正孝ら「地面師」5人逮捕=偽造書類で土地登記疑い-警視庁 公文書関係に悪戯すると、裁判所関係者は激怒しますので、このような事はやめましょう(^-^)   

 

 

新潟から真実を追究し、非行無法法曹界の改革を求めています。


日本国の法曹界は昨年度以前、法曹タマゴの為に


年間約100億円の血税を摂取しながら


法曹弁護士会の非行を野放し状態にしております。


そんな法曹界の非行件数は「申し立て上」毎年毎年年間70〜80件の


懲戒処分を生んでおりながら


改善に取り組まず、

知らん振りを決め込んでいました。




改善に取り組まない為に

「現在懲戒を受ける弁護士が増加中」


そんな信じられない法曹界・弁護士集団

日弁連」!!



激甚災害時災害地新潟で

司法修習生への給費制を訴えて居た頃の



日弁連のスーパースター


東京なのに宇都宮健児 弁護士





公文書関係に悪戯すると、裁判所関係者は激怒しますので、このような事はやめましょう(^-^)

岡口 基一
6月7日 8:18 · 
住所不定、職業不詳の元弁護士ら 逮捕
偽造書類で土地登記疑い

JIJI.COM|作成: 時事通信社
元弁護士ら「地面師」5人逮捕=偽造書類で土地登記疑い-警視庁:時事ドットコム
偽造した書類で東京都町田市の土地の移転登記をしたとして、警視庁捜査2課は6日までに、有印私文書偽造・同行使や電磁的公正証書原本不実記録な…


元弁護士ら「地面師」5人逮捕=偽造書類で土地登記疑い-警視庁
2019年06月06日11時50分


https://www.jiji.com/jc/article?k=2019060600437&g=soc&fbclid=IwAR1kc5es8rUCOATBzoo4vuYlSOWunlUdbzdEpsXDvmZe6h05J9Bg3jJj1XI


偽造した書類で東京都町田市の土地の移転登記をしたとして、警視庁捜査2課は6日までに、有印私文書偽造・同行使や電磁的公正証書原本不実記録などの疑いで住所不定、職業不詳の元弁護士伊関正孝(63)、横浜市瀬谷区宮沢、無職青谷初美(62)両容疑者ら5人を逮捕した。両容疑者ら4人は「一切、関与していない」などと容疑を否認し、1人は認めているという。
オリックス奥浪選手を逮捕=警官装い詐欺容疑-兵庫県

 この土地をめぐっては、港区の不動産会社が正規の土地取引と信じて約7800万円を支払ったが、取得できていない。5人は土地所有者などに成り済まして土地を売買する「地面師」グループとみられ、同課は同社から代金をだまし取った疑いでも捜査を進める。
 逮捕容疑は2014年8月上旬、町田市広袴の宅地約830平方メートルについて、所有者の80代女性(17年に死亡)らに成り済まし、東京法務局町田出張所に偽造した委任状などを提出して、不動産会社に売却したとする虚偽の所有権移転登記をした疑い。

時事ドットコムニュース>社会>元弁護士ら「地面師」5人逮捕=偽造書類で土地登記疑い-警視庁