全盲の弁護士・竹下義樹氏に聞く「差別は無理解から生まれる」vs新潟福島激甚災害時に帰郷せず上野で腕組デートが報じられて全盲診断を受けた筒井信隆 弁護士が言う「不倫ではない全盲で腕組は必要だ」






全盲の弁護士・竹下義樹氏に聞く「差別は無理解から生まれる」


https://news.yahoo.co.jp/pickup/6311330

竹下義樹さんというパイオニアがいる。いまから35年前、竹下さんは「全盲」という視覚障がいを抱えた身で、日本初となる弁護士資格を取得。その後、弁護士としての一歩を踏み出した。2013年には障害者差別解消法の制定にも携わり、現在は弁護士業務のかたわら日本盲人会連合の会長を務める。「自分は障がい者に応援してもらって弁護士になった。障がい者のために働きたいと思ってやってきた」と言う竹下さんは、障がい者を取り巻く現状をどう見ているのか。なぜ弁護士を目指したのか、ここに至るまでにどんな苦労があったのか。弁護士事務所を構える京都市中京区で聞いた。(取材・文:Yahoo!ニュース 特集編集部/写真:高橋宗正)

野田内閣で農林水産副大臣


新潟・福島激甚災害時に

地元新潟に帰郷せず東京で腕組デート



尚、この日は日本弁護士連合会も司法修習生への給費を訴え災害地新潟で金くれパレードを開催し

東京なのに、宇都宮健児 スーパースター弁護士も先頭で頑張っておりましたが

このイベントにも出席せず、日弁連から見捨てられたと噂された



新潟 筒井信隆 弁護士


上越選出の筒井農水副大臣 週刊誌が不倫報道

2011年8月3日 (水) 18:05 – 7年前


https://www.joetsutj.com/articles/51766182


2011年8月3日発売の「週刊新潮」に、民主党新潟6区選出の筒井信隆農水副大臣が、上越市出身の「30歳下の同棲愛人」(36)とデートしていたという記事が掲載された。

筒井氏が女性と腕を組んで都内を歩いたり、地下鉄の電車の中で、密着して座って互いに腕を交差させている写真が巻頭の5ページにわたり掲載されているほか、「議員パスで130円を浮かす筒井農水副大臣に30歳下の同棲愛人」という見出しで、3ページにわたる記事が掲載されている。

同誌の記事の中で筒井氏は「健康的なものの管理、世話をやってもらっている。男と女の関係は全くない」「目が悪い。段差があるとつまづいて転ぶ。それで腕をつかんでくれているんだ」としている。

週刊新潮」は、上越市では発売日の1日遅れで書店などの店頭に並ぶ。

2011年8月3日の新聞朝刊に掲載された週刊新潮の広告(赤線で囲った部分が筒井氏の記事の見出し)



その後、筒井信隆 弁護士は医師から「全盲」診断を受けたと言訳しました。



上越総合事務所(弁護士法人)筒井信隆会計事務
じようえつそうごうじむしよつついのぶたかかいけいじむ

〒943-0837 新潟県上越市南城町1-12-3

025-523-3527