愛知県弁護士会向け 東京・白金で若い女性と待ち合わせ興奮して民間人を轢殺した石川達紘弁護士(79)の次は、名古屋・天白区(87歳)弁護士がアクセルを踏み過ぎ暴走大惨事!

新潟から真実を追究し、非行無法法曹界の改革を求めています。


日本国の法曹界は昨年度以前、法曹タマゴの為に


年間約100億円の血税を摂取しながら


法曹弁護士会の非行を野放し状態にしております。


そんな法曹界の非行件数は「申し立て上」毎年毎年年間70〜80件の


懲戒処分を生んでおりながら


改善に取り組まず、

知らん振りを決め込んでいました。




改善に取り組まない為に

「現在懲戒を受ける弁護士が増加中」


そんな信じられない法曹界・弁護士集団

日弁連」!!

日弁連のスーパースター

東京なのに、宇都宮健児弁護士



上級国民

東京地検特捜部の石川達紘弁護士(79)が2月に女性と待ち合わせして興奮していたのか

アクセルを踏み過ぎて暴走し、歩道を歩いていた一般民間人を轢殺した事件は今頃、書類送検(^-^)


※持病と言えば、若い女性と早朝ゴルフに勤しみ民間人を轢殺した元東京地検特捜部の石川達紘弁護士

https://blog.goo.ne.jp/tenmi_dining/e/4ffd82d3881ace58771fdbefc651daa0

イメージ 1




愛知県弁護士会

87歳弁護士「アクセル踏みすぎた」 名古屋で多重事故
6/7(金) 9:49配信 朝日新聞デジタル
87歳弁護士「アクセル踏みすぎた」 名古屋で多重事故
車3台が絡んだ衝突事故で、横転して道路をふさいだ車=2019年6月6日午後3時57分、名古屋市中区錦3丁目、戸村登撮影(車のナンバーに画像処理をしています)
 6日午後3時ごろ、東海地方最大級の繁華街「錦三(きんさん)」の中心地にあたる、名古屋市中区錦3丁目の市道(錦通)で、同市天白区の弁護士の男性(87)が運転する乗用車が、走行中のワンボックス車に衝突。乗用車は、その先の中央分離帯の街路樹に衝突して止まった。ワンボックス車は横転し、停車中のタクシーにぶつかった。乗用車の後部座席にいた男性の妻(83)が軽傷を負った。

【写真】ホテルの前で車3台が衝突した事故現場。手前の乗用車は中央分離帯の街路樹に衝突していた=2019年6月6日午後4時、名古屋市中区錦3丁目、戸村登撮影(ナンバーを画像処理しています)

 愛知県警中署によると、男性は、乗用車で近くのホテルの地下駐車場から出ようとした際、「(市道につながる上り坂で)アクセルを強く踏みすぎた」と説明。現場には、乗用車のブレーキの痕跡はなかったという。署は、アクセルペダルを踏み込み過ぎたとみて、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで調べている。

 衝突されたワンボックス車を運転していた会社員の男性は「何が起きたのかと思った。いきなりでは避けられない」と話した。

 現場は片側3車線の直線道路。市営地下鉄栄駅付近で、デパートやホテルが立ち並ぶ地区。

最終更新:6/7(金) 10:23
朝日新聞デジタル

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190607-00000018-asahi-soci