外国籍の弁護士から献金を受け取っていた立憲民主党 辻本清美 国対委員長 1万円・1万2千円 トラップにショックだww

新潟から真実を追究し、
非行無法法曹界の改革を求めています。


日本国の法曹界は昨年度以前、法曹タマゴの為に


年間約100億円の血税を摂取しながら


法曹弁護士会の非行を野放し状態にしております。


そんな法曹界の非行件数は「申し立て上」
毎年毎年年間70〜80件の


懲戒処分を生んでおりながら


改善に取り組まず、

知らん振りを決め込んでいました。




改善に取り組まない為に

「現在懲戒を受ける弁護士が増加中」


そんな信じられない法曹界・弁護士集団

日弁連」!!

日弁連のスーパースター

東京なのに、宇都宮健児(^-^)弁護士

イメージ 1


外国籍の弁護士が立憲民主党
 辻本清美 国対委員長

イメージ 2
1万円・1万2千円の献金ww


立憲民主党の親分弁護士

枝のん(^-^)

イメージ 3

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00000127-jij-pol


立憲・辻元氏に外国人献金


2/6(水) 19:18配信

時事通信



 立憲民主党辻元清美国対委員長政治団体が2013、14両年に外国籍の支援者から献金を受けていたことが6日、分かった。

 政治資金規正法は外国人献金を禁止しており、11年には前原誠司外相(当時)が在日韓国人からの献金を理由に辞任している。辻元氏は記者団に「ショックだ」と述べたが、辞任は否定した。

 辻元氏によると、弁護士の男性から13年5月に1万円、14年6月に1万2000円の献金を受けた。その後、この人物が外国籍と判明したため、13年分は本人に返却。14年分は国籍を問わない「後援会会費」に訂正した。男性と面識はないという。


最終更新:2/6(水) 21:33
時事通信